自動売買EAの取捨選択

自動売買EAは、必ず厳しい審査をしなければいけません。その審査の基準については、1つ前の記事で少し書きました。大事ですのでもう一度、しっかり書きます。

自動売買EAは値段で善し悪しは計れない

自動売買EA、物によっては50万円っていうのが最大で見たことがありますが、値段が高ければよいEAである、という推論は危険です。

というのも、自動売買EAは「プログラム」に過ぎないからです。言い方を変えれば、「これが大体の平均価格」という物がない、言い値が通じる世界です。

ですから、どんなにマズい自動売買EAプログラムであっても、50万円だろうが100万円だろうが、値付けすることは出来ます。

そういう値段のマジックに騙されていては、稼げるものも稼げなくなってしまいます。

 

まず第1に、買い取り価格で持って判断しない。これは結構重要ですので、肝に銘じて下さい。

その上で、次です。

バックテストやフォワードテストをしっかり見る

ここからは「どう選ぶか」になりますが、バックテスト・フォワードテストがされているEAであれば、その結果をしっかり解析します。

最大ドローダウンがどの程度か、平均負け額はどのくらいか。基本的に見ていくのは、負の情報がメインです。

 

どんなEAも、売りに出すのだからある程度良い情報は載せます。プロフィットファクターとか、連勝率とか。

でもトレードで連勝率なんて意味ありますか? そりゃ勝ち続けるEAほど気持ちのよいものはないですけれど、その末にこつこつドカンとなっては、意味ないでしょう。

 

この選別の時点で、バックテスト結果を公表していないEAは「論外」という結果になります。

色々考え方はあるかも知れませんが、合理的に考えて、「出せるバックテストがあれば、出しているだろう」という推論をすべきです。バックテストが無いのは、それが出せないから、と。

 

フォワードテストがされていれば、そのEAの生のデータを見ることが出来ます。

フォワードテストは、あくまでどこかの取引会社のデモ口座で自動運営された結果ですから、多少プライスの違いなどで差は出ます。絶対同じ、というのはにはなかなかなりません。

けれど、取りあえず「どの程度の頻度で取引し」「どれくらい勝ち負けがあり」「儲けとしてどれだけ叩き出せているか」というのを、しっかりした数値で見ることが出来ます。

フォワードテスト公開は、fx-onの十八番なので、もしfx-onを利用するのであれば、是非フォワードテストの結果も参照にしましょう。

以上踏まえて、自動売買EAの取捨選択をする

ここまで述べた事を踏まえて、自動売買EAの選択をしていきます。ここからは個人の気持ち・フィーリングがある程度大事になってくる場面です。

まず、たくさんある自動売買EAの中で、以下の要素をご自身の中に問いかけてみて下さい。

  • 沢山ポジションを取った方がチャンスがあると思う。
  • 相場の天底を狙いたい。
  • ポジションはある程度取るのがFXの醍醐味だ。

もしこの選択肢のうち、1つでも当てはまるようであれば、まず「取引が頻回な自動売買EA」を選択することをお勧めします。

一応、ポジションを建てる回数が多ければ多いほど、それだけリスクも高まるのですが、そのリスクを押してでもポジションを取りたい、という気持ちは分かります。

世に『ポジポジ病』なんて言い方すらされますが、実際問題「ポジションを建てなければずっと儲からないまま」なんですから、ポジションは取った方がよいです。

 

ただ、過剰に建てる、というのだと問題です。余りに細かい値幅だけで利益損切りを繰り返すようだと、大抵の場合スプレッド分だけ損します。

あくまでバランスというか、ある程度の頻度でポジションを建てるけれど、行き過ぎた頻度ではなく、かつ枚数も上限がある、というのが絶対条件です。

 

次の要素を考えてみましょう。また同じように、同意できるものをチェックしていきます。

  • 相場は時間で動いていく生き物だ。
  • 休むも相場。
  • 自分が起きていない時間に自動売買EAが働いてくれるのが最高!
  • VPSか、常時起動しているパソコンが用意出来る

これらが当てはまる方は、時間限定のEAとの相性が比較的良いかと思います。

 

よくあるのが、ニューヨークの終わり頃から東京オープン前の時間まで、という時間縛りの掛かった自動売買EAです。それ以外の時間軸もありますが、今のトレンドはこれです。

別に流行だから良い、という訳ではないのですが、結構僅かな値動きすらしっかり換価出来る時間帯でもあります。あまり急激な変化が起こらないので、枚数を上げての勝負が成立します。

別の言い方をすると、バイナリーオプションなどもこの時間帯との相性はそれなりに良いです。もちろんアクティブタイムのバイナリーオプションはそれに応じた戦い方がありますが。

 

 

名前
EA特集ページを作りました! 是非ご覧になってみて下さい!

 

自動売買EAの特集ページを見る!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アフィリエイターであり、FX投資家であり、ライトワーカー(スピリチュアルなお仕事です)でもある、よしおかとうじです。 色々な顔を持っていますが、詳しくはブログの方にて。