自動売買は果たして常勝出来るか?

EAによる自動売買を目論んだ際に、勝率にこだわる、というのも1つの手法だと思います。

高勝率EA、というのは、それだけドローダウンを起こす回数は減りますし、たとえ細々であっても利益を積み増していってくれるので、気分は良いでしょう。

ただ、勝率にこだわるあまり、最大ドローダウンやポジション回数が犠牲になったら、あまり意味が無いと思います。

ポジションはたくさん取った方が良いか?

ポジポジ病の人からすると、ポジションが無い=機会が無い、という捉え方をされる場合が多いですね。

それ自体は、論理としては正しいのですが、現実として利益を最大化してくれるかどうか、という点を考えてみると、ちょっと良くない考え方だったりします。

 

利益というのは、特にEAによる自動売買の際は顕著ですが、適切な時に適切なポジションを取ってこそ初めて実現されるものです。

要するに、相場状況を適切に判断して、必要なリスクを取って出来るだけ大きなポジションを取る。それこそ、一気に利益を増す方法です。

もちろん、リスクの取り方を減らしたければ、ポジションサイズを小さくすればいいだけの話です。それこそ0.01ロットで運用すれば、利益はとても少ないですが安全運転出来ます。EAの使い始めで挙動を確かめたい、というような時には良いかと思います。

 

ポジションを「たくさん」回数取る、ということは、それだけある意味無駄にリスクを取りまくる行為でもあります。ですので、個人的にはあまりお勧め出来るものではありません。

自動売買で常勝を目指してはいけない

自動売買は、あくまでEAによるアルゴリズムの判断で売買します。ですから、必ずしも相場状況を完全に読んでエントリーしてくれる訳ではありません。

ですので、もし常勝を目指したいのであれば、EAを補助的に使い、適宜イグジットを自分で、裁量で行った方が良いです。

出来るだけEAを使って楽に自動売買したい気持ちは分かりますし、その方が時間効率が良いのも確かです。けれど、勝率、というのを考えると、自動売買は若干不利な面があります。

 

自動売買で一気に攻める、というのであれば、マーチンゲール・ナンピン系EAをガツガツ使って行けば良いでしょう。

けれど、マーチンゲール・ナンピン系EAがマーケットで結構嫌われている事からも分かるように、そのような投資行為は寧ろ「投機」であって、リスキーである、と言えます。

もちろんそのようなリスクを取ってでも稼ぎたい、というギャンブラー気質な方を止めることは出来ませんししませんが、それだけリターンは期待出来ても、損失がドカンとでかくなることもあるのは、理解しておかなければいけません。

 

高勝率EAを使う、選択の時点でそのような選び方をするというのは、実に良い方法です。勝率が高ければ、それだけ利益も上がりやすいです。

ただやはり勝率だけにこだわるのでは無く、プロフィットファクターや最大ドローダウンなど、他の項目もしっかりとチェックすることが大切だと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

アフィリエイターであり、FX投資家であり、ライトワーカー(スピリチュアルなお仕事です)でもある、よしおかとうじです。 色々な顔を持っていますが、詳しくはブログの方にて。